会社案内
ご挨拶
弊社は、1988年にアフラックの専属代理店として営業を開始いたしました。
アフラックの「生きるための保険」を一人でも多くのお客様へご案内すること。
アフラックのプロフェッショナルであるべく日々研鑽すること。
そして、お客様の“生涯に寄り添う”会社であること。
「選ばれる会社」へ邁進してまいります。
代表取締役 織井 智士
経営理念
〇誠実 お客様が一生涯安心して生活できるよう、誠意をもってお手伝いいたします。
〇安心 お客様がいつでもご相談いただけるよう、「有益な情報提供」・「ご要望に応じた相談」・「末長いアフターサービス」を提供いたします。
〇プロフェッショナル お客様のお役に立てるよう、常に知識の習得に努め、質の高いサービス・情報を提供いたします。
会社概要
名称 A.FAMILY株式会社
所在地

【本社】
〒810-0001 福岡市中央区天神2-14-8福岡天神センタービル10階
TEL:0120-7812-56

【福岡パルコ店】
〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1福岡パルコ本館5階
TEL:0120-7818-56
 

【イオンマリナタウン店】
〒819-0014 福岡市西区豊浜3-1-10イオンマリナタウン
TEL:0120-781-356

【木の葉モール橋本店】
〒819-0031 福岡市西区橋本2-27-2-2階
TEL:0120-781-585

【なかま店】
〒809-0032 中間市中尾1丁目11-2-1階
TEL:0120-781-402

設立 昭和63年10月
代表者 織井 智士
資本金 1,000万円
従業員数 21名 うち男性7名 女性14名 (令和4年4月1日現在)
事業内容 生命保険代理業
沿革
1988年 10月 アフラック代理店 登録
2007年 10月 アフラックサービスショップ中間店開設
2007年 12月 アフラックサービスショップダイエーショッパーズ天神店開設
2008年 12月 アフラックサービスショップショッパーズモールマリナタウン店開設
2015年 9月 アフラックサービスショップ ダイエーショッパーズ天神店をイオンショッパーズ福岡店へ変更
2015年 9月 アフラックサービスショップ ショッパーズモールマリナタウン店をイオンマリナタウン店へ変更
2015年 9月 アフラックサービスショップ中間店をイオンショッパーズモールなかま店へ変更
2018年 4月 アフラックサービスショップ木の葉モール橋本店開設
2018年 9月 アフラック イオンショッパーズ福岡店をアフラックよくわかる!保険案内 福岡パルコ店へ移設
お客様本位の業務運営に係る方針

 

当社は、企業理念に掲げる「顧客第一主義」をより具体的に実践するため、従来の勧誘方針に加えて、「お客様本位の業務運営に係る方針」(以下、本方針)を定めます。当社は、本方針のもとで業務運営を行うとともに、本方針に基づく取り組み状況を定期的に確認し、その結果について公表します。また、社会情勢や経営環境の変化などを踏まえ、定期的に方針の見直しを行います。(金融庁公表の「顧客本位の業務運営に関する原則に対応) 

 

1.保険募集・販売・サポートについて 

 

お客様に最適な商品の提案  【原則2、原則3、原則6に対応】

当社はお客様の加入目的、収入・資産やご家族の構成などに照らして、最適な保障内容、妥当な保障額の商品を提案します。 

 

お客様へわかりやすい商品説明  【原則5へ対応】

当社は保険契約の内容およびご契約に関する重要事項については「ご契約のしおり・約款」「お申込みいただく前に(契約概要注意喚起情報・その他の重要事項)」等の書面の交付などにより説明を行い、お客様が十分に理解された上でご契約いただくように努めます。 

 

保険契約ご継続中におけるサポート  【原則6へ対応】

お客様からのご契約後の契約内容変更のお申し出や、給付金・保険金の請求手続きなどにおいて、正確かつお客様に配慮した対応を行います。またお客様からの保険契約に関わるお問い合わせに対しても、分かりやすく丁寧に対応します。 

 

2.業務運営方針の態勢の整備について 

 

人材育成/研修体制  【原則6、原則7へ対応】

社内に「教育管理室」を設置し、保険募集人に対しては、定期的に商品内容、お客様に対して説明すべき事項などについて、研修・勉強会等を行い、お客様に対して十分な説明ができる体制の強化に努めます。また、お客様のニーズを的確に把握し、最適な提案ができるよう、FP技能士などの資格取得を奨励し、資格取得に関連する費用を会社が負担するなどの支援を行っています。 

 

お客様の声への対応  【原則7へ対応】

社内に「お客様サービス推進室」を設置し、お客様から寄せられた苦情・ご不満・ご要望などのお言葉は漏れなく記録し、原因分析や改善策の策定を行います。毎月開催される研修会において社内共有することで、業務品質及びお客様サービスの向上に努めます。 

 

自己監査、内部監査による業務体制管理  【原則3、原則7へ対応】

社内に「契約調査室」を設置し、保険募集が適切に行われているか、業務運営管理に問題はないかなど、定期的に監査を実施し必要な改善に努めております。 

 

3.取組み指標

 

客様本位の業務運営への取組み状況を客観的に示すことが可能な指標として、 以下の2つを当社のKPI(key performance indicator)といたします。 

 

1.生命保険契約継続率(25ヶ月継続率)

2.研修・勉強会の開催実績

4.その他

金融庁公表の「顧客本位の業務運営に関する原則」について、原則4及び投資性商品(特定保険商品)またはパッケージの商品・サービスを対象とした注(原則5注1・注2、、原則6注2・注3)については、弊社の取引形態及び取扱商品の特性に鑑み、方針の対象としておりません。